2012年11月の第1回から、現在まで京都市内で4回開催された「製薬会社合同症例検討会」は、複数の製薬会社が架空の症例に対して治療戦略を提案する勉強会だ。毎回4〜7社の担当者と医師20人強が参加している。

各社がエビデンスを持ち寄りプレゼン合戦の画像