自院の状況を「どうにかしたい!」という一心で様々な勉強会に足を運び、多くの人からアドバイスを得ていた北氏。そんなとき、徳田安春氏(現・JCHO[地域医療機能推進機構])に出会い、「教育とパッション(情熱)のあるところに人は集まる」という助言を受ける。その言葉に心を打たれた北氏は、「阪南市民病院に必要なのはこれだ!」と直感。勉強会を開催することで病院に教育とパッションをもたらそうと考えた。

病院活性化を狙った伝説のオールナイトイベントの画像