ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアを「使っている」と答えた医師は、全体では約3割だが、20歳代に限ると約半数に上った。利用者のうち約7割は、プロフィール欄などで自身が医師であることが分かる状態で使っていた。

個人情報の書き込みは絶対NGの画像