2010年3月に、自治体首長として初めて育児休暇を取得することが報じられ、“イクメン区長”として全国で有名になった。その後、広島県知事や茨城県龍ヶ崎市長など複数の首長が相次いで育休を取り、成澤氏は男性の育児参加の象徴的な存在に。「医療界も男性の育児を許容すべき」と説く。

自治体首長として初 2週間の育休取得の画像