卒後8年目に医局を辞めて、出身地の岩手で働くことを選んだのは、母親が脳出血で倒れたことがきっかけでした。自分で県の医療局に出向き、病院を紹介してもらいました。

専門医資格は全部へき地で取りましたの画像