同じ薬を継続して処方していても、疾患のコントロールが今ひとつ良くならない。薬の追加や変更を考えてもいいが、ほかにも何かできることはないか。明石医療センター内科医長の石丸直人氏は、日常の診療で頻繁に見かけるこういった状況へのヒントを与えてくれる、2本の論文を挙げてくれた。

薬の追加や変更の前に、ほかの手段もあるのでは?の画像