医療法人爽秋会は、宮城県、福島県で在宅クリニックを展開し、癌患者の看取り数は年間300人を超える。 前理事長の岡部健氏は在宅緩和ケアを通じて、日本人の宗教観にふさわしい看取りが必要と考え、宗教的ケアの普及に努めてきた。だが岡部氏自身、肺癌で闘病生活を余儀なくされ、2012年9月、自宅で息を引き取った。 岡部氏を間近で見て大きな影響を受けたという河原正典氏に、看取りにおける宗教の役割について聞いた。

終末期患者の4割が「お迎え体験」の画像