Cadetto秋号では紹介できなかった「研修中のエピソード」を一挙に公開します。「ま、まさかこんなことが」と戦慄し、あるいは「あるある〜」と共感を覚え、ときには懐かしさに涙しながら(?)、お読みください。