消化器外科医だった私が、悲惨とも言える当時の終末期医療の改革に取り組み始めたのは卒後9年目のときでした。

戸惑い、くじけそうなときはいつも、この言葉を見て突き進むの画像