玩具を用いた幼児の聴診手技に関する検討―。そんなタイトルの研究論文が、日本小児アレルギー学会の臨床研究奨励賞をいただいたのは、2008年のことです。

「掲載に値せず」の論文が、学会で賞を獲得!の画像