女性医師として妊娠・出産も経験するなかで、様々なピンチに遭遇しました。最大のピンチは第3子の育休明け。「都内で一番分娩数の多い病院」日赤医療センターに異動することになったときです。

育休明けは「都内一分娩の多い病院」。でも守りには入らなかったの画像