緩和ケア医の中にも、病状説明を「義務」としてこなしている人が少なくないようですが、決してそうではありません――。病状の好転を望むことが難しい患者さんやご家族に対する病状説明の心構えとコツを、愛和病院(長野市)の平方眞氏に聞いた。

「良くなるように願っている」その思いを常に伝えていますの画像