医師の道に進んだ人にとって、診療科の選択は、キャリア設計の上で大きな決断を迫られる場面だ。アンケートによれば、医師家系の人の場合、「親と同じ診療科を選んだ」との回答は40.6%。診療科の数がこれだけありながら、同じ専門を選んだ比率が4割にも上ることを考えると、親の専門の影響を強く受けているといえる。

4割が「親と同じ診療科を選択」の画像