新旧の医学参考書をじっくり読める場所といえば、何といっても医学部附属図書館だろう。学生の頃、重たい参考書やノートを持ち込んで試験勉強をした読者も多いはず。

医学部図書館をもっと“おいしく”活用してほしいの画像