「実は、臨床留学を目指した当初、NProgramに応募したのですが、落ちたんです。悔しかったですね。絶対に見返してやる、と発奮しました(笑)」

トーマス・ジェファーソンを選んだのは“一番”だったからの画像