先輩や教授が口をそろえて「おもしろかった」と言う留学に漠然と興味があった川下氏。大学院に進学して1年半、教授から「そろそろ留学に行ってもいい」と許可が出たときには、いよいよだと思ったという。

コネは探すもの!初対面の先生にいきなり紹介をお願いの画像