熱血指導医B先生のリードで流れるように論文3本目に進んだ研修医Aくん。PICOや研究デザインのチェックもできるようになり、いよいよ大詰め、結果の評価と解釈にとりかかります。

結果をどう使う?の画像