僕はロックのCDを、アーティストの未発表音源やライブ音源(いわゆるブートレグ)も含めて3万枚から4万枚は持っているでしょうか。世界で十指に入るコレクターと自負しています。中学時代から、一途に英国のロックを聞いてきましたが、コレクションが本格化したのは、CDが普及してきた1980年代後半。自分があこがれてきたミュージシャンたちの、正規に発表されていないライブ音源を販売する店が、大学から近い西新宿に増えてからです。ちょうど、僕が上級医になった時期でもあります。

中学時代から英国ロック一筋、ロックは僕にとってのストレスコーピングの画像