癌の放射線治療の1つである小線源治療は、患者さんが意識のある状態で30分から1時間行います。なので患者さんに説明する時に「好きなCDを持ってきていいですよ」とお話しすることが多いんです。氷川きよしを大音量でかける患者さんがいて、その時はさすがに調子が狂いましたけどね(笑)。

断腸の思いで諦めたオルガンにようやく素直に向き合えて…の画像