「日本にいた頃はテレビドラマの『ER』をよく観ていました。でも、あれは“台本に書かれた英語”ですから、本当の意味での生きた英語とは違います。その点、リアリティー・ショーと呼ばれる類いの番組は、素人も数多く出演し、訛りやスラングだらけで、まさに生きた英語の宝庫。患者さんとの雑談や話題の共有にとても役に立ちました」

英語のテレビ番組やDVDを観るの画像