「正直なところ、長女は小学生になるまで、両親に育ててもらったというのが実態です」。札幌市豊平区で皮膚科を開業する松坂優子さんは“シングルマザー時代”をこう振り返る。

“シングルマザー研修医”時代を乗り越えての画像