若手医師の技術習得の機会が少なくなっていることは、学会としても看過できない課題だ。7月の日本冠動脈外科学会では、バイパス手術シミュレーターを使ったコンテストを開催。若手心臓外科医が“難手術”に挑んだ。

シミュレーターを使い学会で心臓手術コンテストの画像