難しい手技の習得には反復練習が必要だ。しかし、初心者が現場で経験を積むことは昔よりも難しくなっている。そこで注目されるのがシミュレーターによるトレーニングだ。腰椎穿刺は患者に対する負担が大きく、難易度の高い手技。「臨床現場で行う前にシミュレーターで学ぶべき」と天野氏は話す。

穿刺の途中で力を抜き、硬膜通過の感触を得るの画像