過去に自分自身が苦労した「大腸内視鏡」の挿入。特に、患者の苦痛なしにS状結腸を通過することが、とても難しかった。その苦い経験を生かし、最難関のS状結腸をいとも簡単に通過できる「浸水法」を考案した水上氏。この方法を使えば、初心者でもS状結腸は難関でなくなるようだ。

「浸水法」で患者の苦痛なく、S状結腸を通過の画像