Review of systemsでは、臓器別に陽性所見と陰性所見を挙げていきます。重要な陽性所見と陰性所見は、History of present illnessで言及するので、実際のプレゼンテーションでは、“The review of systems was negative except for what I mentioned in the HPI.”と言って省略するか、HPIで触れていない陽性所見だけを述べることが多いです。