Opening statementの後に続くHistory of Present Illness(HPI)では、主訴がいつ始まり、どのような経過を経て、今に至るのかを説明していきます。症例プレゼンテーションの中で、最後のAssessment and planと並び最も重要な部分です。