医学生として米国での臨床実習に参加する場合、どの科でも必ず行うのが、英語での問診・身体診察、そして症例のオーラル・プレゼンテーションです。病棟での症例プレゼンテーションには、ある程度決まった「型」がありますので、この連載では、その「型」と英語表現について、ネイティブスピーカーによるプレゼンの動画を交えて説明していきます。