僕らが研修医の頃には今のような臨床研修制度はなかったが、僕は他科のローテーション研修をさせてもらった。4年目には、一人勤務の診療所で赤ちゃんの健診から、肺炎、胃潰瘍、心筋梗塞、癌の患者、お年寄りまですべての医療行為に携わらなければならないと思っていた。だから、自分の医師としての年次ごとの到達目標を常に意識しながら研鑽してきた。