CSは受験者が11〜12人の模擬患者さんを診察し、問診、身体所見、カルテ作成、コミュニケーション・スキル、英語力などを評価される実技試験です。日本国内では受験できず、米国の試験会場(アトランタ、シカゴ、ヒューストン、フィラデルフィア、ロサンゼルス)で受験しなければなりません。

外国人にとっての難関、USMLE step2 CS(前編)の画像