日本創成会議は2015年6月、今後入院・介護需要の急速な増加が進む一都三県の高齢者の移住先候補として、「医療・介護提供体制に余力がある」とした41地域を提示しました(関連記事:医療・介護提供体制に余力がある地域はどこ?)。全国の様々な地域が提示されていましたが、実際に高齢者の移住を進めるにはまだまだ議論が必要そうだと感じました。

「移住先」を「安住の地」にするためにの画像