FacebookやTwitterなどのSNS上で、「ALSアイスバケツチャレンジ」が話題になっています。ALSアイスバケツチャレンジとは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病の認知度を高める目的で行われており、『(1)指名されたら、バケツ一杯の氷水を頭から浴びるか、ALS団体に寄付をする(両方でもOK)。(2) 次に3人の友だちを指名してチャレンジを促す』というものです。Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ氏や、マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏、日本でも京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥氏が参加するなど、多くの有名人も参加しています。