11月4日、「瀬戸内レジデント」を岡山大学鹿田キャンパスで開催しました。瀬戸内レジデント、通称「瀬戸レジ」は瀬戸内地区の研修医のネットワークづくりを目的に昨年から始まったもので、今回で3回目の開催です。今回は中四国地方の初期研修医を中心に60人ほどの参加者が集まり、盛会となりました。今年は講師に、ドクターGや情熱大陸などにも出演されている国立国際医療研究センター国際感染症センターの忽那賢志先生と、「救急外来ただいま診断中」や「内科救急のオキテ」などの著書がある順天堂大学医学部附属練馬病院救急・集中治療科の坂本壮先生をゲストにお招きしました。

瀬戸内の研修医による研修医のためのワークショップの画像