皆様は「サミット」と聞くと、どんなものを想像されるでしょうか? 筆者は名古屋に10年住んでいたこともあり、2005年日本国際博覧会「愛・地球博」のように、地域を越えて楽しく交流できる場をまず思い浮かべます。今年3月、筆者は大阪大学を訪問し、あるイベントの開催を提案しました。それが標題の「夏サミット」です。夏サミットは、筆者が代表を務める若手医師団体「中四国若手医師フェデレーション」と、関西で様々なセミナーを開催している総合診療勉強会「大阪どまんなか」が共同で開催。東は関東・栃木から、西は九州・長崎まで、医学生、若手医師ら約70人の参加がありました。

中四国若手医師フェデレーション×大阪どまんなか「夏サミット」の画像