人口の高齢化による医療需要の増加と、医療の高度化による医療費の増加をいかに抑えるかというのは、日米に共通した課題です。一方、医療の利用者としては、質・量ともに充実していてほしいものです。医療はこれから、治療成績はもちろんのこと、金銭的・地理的・場所的に利用しやすいかどうか、治療そのものやそれに伴う体験が居心地よいものかが問われてくるのではないでしょうか。

怖くないMRI、再診はビデオチャットでの画像