シリーズ最終回は実戦編の総まとめとして、臨床現場で必ず遭遇する症例に対する輸液を考えていきます。「脱水症」、「高Na血症における水欠乏」、「乏尿」、「低Na血症の3つのケース」を取り上げます。それぞれの症例で何をどのくらい輸液していけばいいのか、須藤先生がこれまでの経験から導き出した具体的な方法論を解説します。