全国的に産婦人科医が足りない状況が続くなか、2016年10月、山梨県甲斐市に新しいタイプの産婦人科クリニックが誕生した。「このはな産婦人科」。山梨大学病院産婦人科に勤務していた中村朋子(なかむら・ともこ)氏が独立し開業した。ユニークなのは、このはな産婦人科の産科部門。妊婦健診はクリニックが行い、分娩は大学病院で対応する「セミオープンシステム」を採用している。加えて、甲斐市が始めた「妊娠・出産・子育て期の切れ目のない支援事業(甲斐市版ネウボラ事業)」の一端を担い、産後4カ月になるまで、出産した母親と赤ちゃんのサポートも行う。

産婦人科クリニックで妊娠・出産・子育て支援の一端を担うの画像