日本の腫瘍内科医は欧米諸国に比べると圧倒的に数が足りない。そんななかにあって、日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授の勝俣範之氏は、がん治療の最前線に立ち、患者ががんとよりよい共存を目指せるような“ナビゲーター役”に徹している。

腫瘍内科医としてナビゲーター役に徹するの画像