整形外科医として自分の腕が着実に上がっている――。そう実感していたさなか、高杉紳一郎(たかすぎ・しんいちろう)氏は、リハビリテーション医になる決心をし、メスを捨てた。

異色のリハビリ用ゲーム機を医師自ら開発の画像