「下町ロケット2 ガウディ計画」でキーマンとなるのは、佃製作所に心臓の人工弁「ガウディ」の開発依頼を持ち込む心臓血管外科教授の一村隼人。今田耕司演じる一村のモデルとなった根本慎太郎氏は、オペシーンや手術器具の使い方なども監修。撮影現場にも駆けつけてモニターを見ながら激励したという。

ガウディ計画のモデルとなった心臓修復パッチの画像