訪問診療が必要な患者さんは、往々にして、外来患者さんに比べると、高齢だったり、認知症がひどかったり、ADLが悪かったりします。患者さんと深く関われる分、やりがいがあって楽しいのですが、大変な部分も多いです。疾患の診療・治療そのものよりも、患者さん(や家族)とコミュニケーションを取る方が、難しいのです。何せ、とにかく話が通じません。何人か事例を挙げてみます。

患者さんに話が通じないのは私が未熟だから?の画像