先日読んだ雑誌に、母娘関係をテーマにした記事があり、「うつ、依存症、無気力、不安感などの問題の奥には母親が関与していることも多い」と書かれていました。載っていたのは、自己中心的、見栄っぱり、すぐキレるなど、人間的に問題のある母親から傷つけられたり、「子供は好きじゃない」と言われ冷たくあしらわれたりといった、愛されなかった悲しみや怒りのエピソード。こうした幼少時の経験が、その後の人生に影響するというのです。

母に教えてもらった「医師の幸せ」の画像