新米の頃に担当した若い男性患者さんは、天才外科医が主人公の漫画『スーパードクターK』の熱烈なファンでした。あるとき彼は何を思ったか、私を「スーパードクター」と呼び始めました。

スーパードクターにはなれないけれどの画像