当、川越暴力クリニック(仮名)では外来が時々ものすごく混雑する。検体を持って診察室と検査室の往復を繰り返すうちに気分が悪くなって座り込む看護師がいるほどだ。そこで我々の出番である。時間的に余裕があるときには看護師が患者を診察室に案内するが、医者自らも患者誘導をすることにした。