当直帯で帝王切開があった。真夜中に麻酔科や待機の医師を集めるのを躊躇するような、適応に迷う症例だったが、最終的にはover diagnosisを覚悟で手術を実施した。