日本の医療において公衆衛生学がそれほど重視されない理由には、その言葉が与える印象、医師に提示されるキャリアパスの狭さ、重視される分野の違いがあるように思える。