米国では、研修医も研究に携わることが強く推奨される。多くは臨床研究で、基礎研究に従事する研修医は少ない。理由は単純で、フェローシップの応募やその後の就職の際に過去の研究成果が大きく影響するからだ。医学生のうちから先を見据えて研究に携わり、レジデンシー開始時点で数本の論文に共著者として名を連ねる実績がある人もいる。指導医も臨床、教育の傍ら研究に取り組む人が多い。