6月をもって、ニューヨークでの内科研修を無事に修了した。長いようで短かった3年間の研修医生活。大変なことも楽しいこともたくさんあったが、振り返って最も強く感じたもの、それは「変化」である。