米国には放射線科医がたくさんいる。外来診療でも入院診療でも、CTやMRIはもちろん、X線から超音波まで、あらゆる画像を大抵は翌日までに読み、レポートを詳細に書いてくれる。臨床医は、画像をコンピューター上でオーダーすれば、後は翌日にレポートを読むだけでいいので、何ともありがたいシステムである。