もう1年半前になるが、米国の研修で最初のローテーションは、外来診療だった。右も左も分からない状態で、システムにも慣れず、英語も聞きとれず、大変苦労したことを覚えている。米国の内科研修は、外来教育にとても重点が置かれている。今では3年間の研修のうち、実に3分の1が外来診療に当てられているほどだ。