米国の研修医には、誰かが病欠した時や不測の事態が起きた時に備え、シックコールという制度がある。自由選択研修の期間など当直のないときに数回割り当てられるもので、誰かが通常勤務ができないと分かると、呼び出され、その人の代わりに勤務する。欠勤した研修医はその後お返しに、自分が当直でない時に当直を肩代わりするなどしなければならない。